散切り頭を

よう!早速届いたオナホを使った子宮ゼリーベアだ!

 

 

先ずは表面と中をよく洗い、お湯を張った洗面器につけ温めた。

温めている間に昨日の戦利品からおかずを取り出した(マヨヒガのお姉さんで立たせて紫陽花の散る頃にでフィニッシュという完璧な作戦)

温まったオナホにローションを入れ(温まったオナホに入れたらローションも温まるやろという天才的な発想)空気を抜いた。

 

 

さあ、準備は整った!

 

 

 

「すごい!挿入感(感じたことがない)がある!!」

 

 

 

 

「ん、なんかだんだん気持ちいいのかそうでもないのかよくわかんなくなってきたな」

悲しきかな。人間は慣れる生き物である。

 

深く挿入し手を離した時にオナホが上がっていくのを見て「実質単振動じゃんw」って遊びながら同人誌読んでたらまあ出た。

 

 

・結論

1.童貞なのでよくわからなかった

2.どんぐらい出たのかよくわからん

3.割と早かったし多分気持ちよかったんだと思う

4.単振動ではない

 

 

・反省

1.ローションの量

これは適切だったのかよくわからない。空気抜く時に溢れなかったし割と滑らかに動いたから多分適量だったと思う。

 

2.俺NTRものそんな好きじゃなかったわ

 

 

・課題

1.どう固定するか

添い寝シーツでガチセックス感(感じたことない)を味わうために縦または横で固定する必要がある。どうするか。

 

2.洗いと乾かし

ドライヤー買おうかな。