この記事は「君の名は。」のネタバレを含みます

今日は前から気になっていた「君の名は。」の公開日なので、昨日の内に予約して、見にいきました。

13:20からの回だったので、早めに行き本を買うことにしました。無性にカレーが食べたかったので、本を買う前に紀伊國屋の地下の方にあるモンスナックさんに入りました。カツカレーなどが100円引きだったので、カツカレーにしようと考えたのですが、私はどうも急な割引やサプライズ事が嫌いな性格なので、+100YENで大盛りにしました。(スタミナカレーとカツカレーの人が多かったですかね) 注文してから、なかなかに早い着弾 オレじゃなくても見逃しはしないね。

さて、

ウル第3王朝のウル・ナンムがこう言ったと言われています。

「カレーは礼に始まり、礼に終わる」

(一説によると、ウル・ナンムはある日カレーを食べている時に他の客同士のいざこざに巻き込まれたことを終生根に持っていたそうです。以後こういったことが起きても他の客が構わずにカレーを食べ続けられるように、と法典を制定したと言われています)

食べる時の「いただきます」よりも前、出された時の「ありがとうござます」よりも前、実は入店時からカレーは始まっているのです。

噂通りのサラサラのカレー、香ばしいカツ、厚い賽の目状の肉。サラサラのカレーと米が混ざり合うその様は、出会うべくして産まれた二人が愛の契りを交わすよう。サラサラのカレーの上で共演する存在感のある肉とさっくりしたカツ。初めてなのに懐かしさを感じる。そんなカレーでした。満足しました。流れるように完食、会計。最後も礼で終えます。

軽く残りの用事を済ませ、チケットを発券します。

入場が開始すると、人の多いこと多いこと。平日の映画館ってこんなに人多いもんでしたっけ?

映画館のクソ長いCMを延々と見せられるクソシステム考えた奴だけは絶対に赦さん(ファンタスティックビースト♂見たい)

内容についてですが、宮水三葉とエッチしたい。

まあそうよねって感じの内容でした。絵が綺麗ですし、まあそれなりに感動はできるので、いいですね。どちらかというと映画館で見るより、自室で横になりながら見て片目だけ泣くのが最適な見方な気がします。

一部、言の葉の庭を見てから見た方がいいかもしれませんね〜

上映後、混雑を避けて階段で降りると、出た先がパンフレットの販売場所だったので、流れるように720円を出しました。おそろしく速い会計 オレでなきゃ見逃しちゃうね

そして無性にカレーが食べたかったのでゴーゴーカレーへ。

今日も街は、礼に始まり、礼に終わる……