明日から

明日からデータカードダスアイカツ2016年第三弾が稼働しますね。ということで、データカードダスアイカツ2016年第二弾に関連したことを書きたいと思います。

先にこっちの私の記事を見ていただけると幸いです(これで身バレしてしまう)

http://voitech.web.fc2.com/voitech2015summerweb.pdf

さて、私はかねてより氷上スミレに注目していました。スターライトクイーンはセクシーの神崎美月、ポップの有栖川おとめ、キュートの北大路さくらときたので、あかり達世代からはクールのスミレがなる可能性も十分高いと考えていたからです。

そして12/22、私は魂心家に行きがてら、近くのゲーセンで初めて第二弾をプレイしました。新しい弾をプレイする時、私は新曲をチェックするのですが、そこで明らかにスミレソロ曲であろう「いばらの女王」を見つけ、思考停止でプレイしました。プレイしてびっくり、歌詞がとても女児向けではない。

いばらの女王は同時に追加されたLoLi GoThiCのプレミアムレアのドレス「ブルーエンプレスコーデ」に対応する曲で、歌詞もLoLi GoThiCの求める強い少女像を表しています。歌詞にある「クイーンのカード」は「逆位置の意味ならば 挫折になるとしても」とあるように、大アルカナの女帝を指しており、占い好きなスミレがこの歌の主人公であると考えていいでしょう。そのため、この場合の女王はスターライトクイーンを指すであろうと思い、アニメでのお披露目を今か今かと待っていました。

そして166話、スターライトクイーンカップへのエントリーが始まります。スミレは大空あかりや新条ひなきと違って明確なアイドル像を持たず、ただ好きな歌を歌ってここまで上りつめました。そんなスミレはあまり自分の考えや感情を表に出してきませんでしたが、この回でスミレは非常に豊かな表情を見せ、自分の「歌でトップになりたい」という想いを皆に伝えます。LoLi GoThiCのトップデザイナーである夢小路魔夜が、スミレのためにドレスを作りたいというほど、強い想いでした。そしてスミレは魔夜から受け取ったブルーエンプレスコーデで、ソロライブに臨みます。ステージはもちろん、いばらの女王。ステージの後に見せた笑顔が印象的でした。もちろんステージの内容もすごく、スペシャルアピールなしで観客のボルテージをマックスにし、最後にフィーバーアピールを出しています。そう、スミレは確実に成長しています。

スターライトクイーンカップとアイドル氷上スミレの今後がとても楽しみですが、少々気になる案件があります。いばらの女王は歌の楽しさを伝えるために自分の感情を隠し、自分の中にある恐れと闘い、ステージの上に立つという曲です。「あなたからの愛を感じる」と歌詞にありますが、このあなたって誰なんでしょうね。ちなみにこの後の167話ってセナあか回なんですよね。