SEASIDE LIVE FES2015に行ってきました

当日、起床即下痢と格闘し、昼食をとって横浜に向かいました。

持ち物はオタクの棒とかで、シャツの下には洲崎西スーパーライブのTシャツを着ました。

横浜駅から歩いて会場に行き、到着は13:30頃だったと思います。

横浜駅から歩くことより、横浜駅とその隣接してる建物から出る方が難しかったです。

会場に着くなり、物販の列に並びました。

それなりに並んでいましたが、進み自体はそんなに悪くなく、かかってる曲にオーイングしてたらいつの間にかパンフとカウントダウンCDを持って海を見ていました。

14:30ぐらいには海を見ていたと思います。

物販以外にもいろいろな催し物があったので、次は他のにもチャレンジしたいと思います。

洲崎西の曲を聴きながらパンフの綾さんを見ていたら、入場待機列形成の時間となりました。パンフの綾さん、すごく可愛いです。

入場開始は少し遅れましたが、席も近く、中もゆったりした感じでとても良かったです。

開演前に二回用を足し、開演。

洲崎西の曲以外は初めて聴きましたが、どれも楽しく、ラジオも聴いてみようと思いました。

田丸氏が階段を登って下りただけのところがとても好きでした。

そしてトリの洲崎西の登場。

衣装も可愛くて「は?」って言ってしまった…

今回は綺麗な声でハイハイしました。ばぶ。

どの曲もいいですけど、やっぱり綾さんと西さんもパンフで推してるPolar Starいいですね…

ライブパートが終わりトークパート。

普段はあまり見られない絡みが見えたり、とても貴重で趣深い。

綾さんがマイクを脚に立てるのありえんえっち、というかトークの時の格好、脚と腋がさすがにえっちすぎませんかね?あまりそういうの良くないと思いますよ。僕個人としてはまあとても良いですしすごく可愛いんですけど、やっぱりそういうのは良くない。

そして締まりのない感じでThank You For Being Youでシメ…シーサイドらしいとっても楽しいイベントでした!

プレボにその他があったので植木さんにもプレゼントをおくれますね…入浴剤と尿瓶でも入れましょうか。

綾さん、歌の時とかもめっちゃ手振ってるし、本当にな。

あ、綾さんみたら腹の調子も良くなりました。

最高。

釈明

あまりにも僕がシコりのオタクの扱いを受けるのでいいますが、

本当にシコったなら、「綾でシコるとめっちゃ出た」となるはずです。実際に過去形でつぶやいてる時がした時です。

現在形の「綾でシコるとめっちゃ出る」は不変の真理を述べています。

洲崎綾さんの出演されるジャンプフェスタ2016 ジャンプスーパーステージ『暗殺教室』に参加しました

午前3時、目が覚め、時間を確認し二度寝する。

午前4時、起床し、身だしなみを最低限整え、家を出る。

目黒経由で東京駅に行き、5:48発の京葉線蘇我行きに乗り、メッセで待機列に並んだのは6:30〜7:00ぐらいだったかと思います。

7時を少しすぎたぐらいに待機列を離れトイレに行き、あと3人ぐらいのころに先頭が動いたので、急いで列に戻ろうとしましたが、まあ荷物を見失いました。

とりあえず冷静になろうとトイレを済ませ、スタッフさんに事情を説明して手荷物検査ゲート内側の最後尾に並び直しました。

入場後、無事荷物を受け取り、ステージも暗殺教室の頃には一番前のB1エリア(ここが洲崎さんに近かった)の真ん中より前ぐらいの、そこそこいい位置に立てました。

女性が多いので、腕を動かしたりなどの細かい所作に凄く気を使いました。

まあ言わなくてもわかると思いますが、暗殺教室までの間めっちゃ低まってました。

ステージはとても楽しいのですが、さすがに拍手もままならない状態で数時間はまあ苦行でした。

しかし、洲崎綾さんを見て、ああこの世に無駄な行など無いのだと知り、私は救われました。

イベントの内容は本誌の内容であったりを含むので、あまり言及しませんが、

自分より前に洲崎綾さんのオタクがいなかったのか、洲崎綾さんのオタクでもないぼくが一番手を振ってたので、こっちを見て手を振ってくれた気がします。

また、「口で説得?」と言って間ができた時、「いやらしいよ!」と叫びたかったが、さすがに飲食禁止のところに数時間いたので口が開きませんでした。

なんか最後らへんに後ろの方から「あやっぺ〜」って聞こえたので、演者が捌ける時にめっちゃ汚い声で「あやっぺ〜!」って叫んだら、振り向いてくれた気がします。

とても、ためになりました。

明日の中間もこれで予習できました。

最後に、

高木渉、優勝!w

いいかげん三島学長には銀杏か腹の少なくとも一方を切ってほしい

12月も中頃となり、だんだんとコートを着た方も増える時期となりました。

私の故郷は海に面し、一年中安定した気候であり、教科書などに載っている詩の情緒もあまり理解できませんでした。

こちらの冬はたいへん勉強になります。

さて、私は上京して初めて銀杏というものを見ました。

秋には落ちた実の臭いに耐え、冬までの辛抱だと言い聞かせ、登校しました。

今の季節は冬です。

まだ、新しい実を落としてきやがります。

この世に法が無ければ家の近くの交差点からガソリンを奪って銀杏並木に沿って垂れ流し着火してやりたい。

留学がなんだ4学期制がなんだの前にまずできることをしろ。

秋なんか朝の講義室の換気もできない。

うんこの臭いのする大学に魅力を感じる奴は悪臭フェチぐらいだ。

あと図書館の蔵書増やせ。

そもそもに大学の近くに新刊を扱う書店が全くないのが大学として終わっている。

僕が留学生だったら提督じゃない限りこんな立地の大学には来ない。

なんでこいつが再任したんだよ

オナティッシュだけはあった

季節は冬となり中間テストの時期となりました

私も一度も出席していない集合位相第二の中間を受けました

試験中も洲崎さんのことを考えているととても楽しく解くことができました

そんな何もない一日

大空あかりについて感じたこと

大空あかりは2ndシーズンに、星宮いちごに憧れる純粋な少女として登場し、スターライト学園に入学した。

1stシーズンでのいちごの後輩は北大路さくらであったが、北大路は星宮とSTAR☆ANISとして活動することにより、後輩という立場より、仲間という立場が強調された。

そこからの大空の登場するであり、星宮に強く憧れる後輩の登場は、神崎と星宮の関係を次世代で作ることにより、アイドル星宮いちごを完成させたと考えられる。

成績の悪い大空を助ける過程で、星宮は先輩としてもアイドルとしても成長し、大スター宮いちご祭りを成功させる。

そして星宮は大空に、自分と同じところに登るよう言う(過去の神崎美月と星宮いちごの関係を感じさせる)

そして3rdシーズンに入り、話は大空中心に展開する。

3rdシーズンは大空世代の成長の物語であり、1stシーズンを髣髴させる。

そして4thシーズンでは、大空は全国キャラバンを企画し、知名度も3rdシーズンと比べて上がっていることが描写されている。

特に、160話では大空は立派なアイドルとして描かれている(2ndシーズンでの星宮を感じさせる)

今後大空あかりがアイカツ界でどのような位置になるのか、目が離せない。