袋の中に、CDがある

よう、某発表会に行ったら周りが教授ばっかでビビり散らかした子宮ゼリーベアだぜぇ。

 

今日は夏休み初日だったぜ。

初日から雨、ロックな俺に相応しいぜ。

 

 

 

夏休み初日ということもあり、今朝はゆっくり起きてショッピングに向かいました。

雨の中わざわざ某田の某ニ某イトに行ったのですか、今日発売のCDがまだ並べられておらず(並べる気配もない)わざわざ雨の中向かったにもかかわらず、雨の中帰ることになりました。わざわざ、雨の中、外出したのに。

ムカつきながらも冷静な私は、それなりに近いケブヤとかいうゴミの掃き溜めみたいな街に降り立ちました。最初っから昨日のゼミ後にフラゲすればよかった。

 

ということで、無事に安野希世乃さんのアルバムとバトガOP/EDを買えました〜✨

どっちもライブの参加応募券がついています。帰省の時期と被らないので、行くのもアリですね〜

 

 

まずは安野さんのアルバムについて。

僕は今期は異世界食堂をものすごく推しています。全体的な雰囲気が穏やかで、各話毎に色々な人のストーリーがあるのもいいですよね。特に先代が関わっていたり、時間を感じさせる話はくるものがあります。時間の支配者なので。

異世界食堂のEDの「ちいさなひとつぶ」目当てで購入したのですが、どれもいい曲ですねえ。取り込んだ時は「7曲?少ねえなあ。資本主義社会舐めてんのか?」と思った僕も、聴き終わった頃には「これがベーシックインカムだ」という気持ちになりました。各家庭に配給すべきです。

金を払う価値がある云々ではなく、口座に余裕がある人は金を払う義務があると言っても過言ではありません。

なんと7/29の14:00から安野さんのリリイベがあるそうですよ?(無銭)

 

 

続いて、バトガのOP/ED

や、Melody Ringいい曲っすねえ。f∗fは良曲揃い(作品イベントも実質ミニライブになるぐらい公式からも押されている)なので、アニメから興味を持った人はチェックしてみるのもいいかもしれませんね。ちなみに僕は「Desire Link」が好きです。L.I.N.K.sのオタクなので。

や、OP/EDだけやろって思ったらf∗fの曲もう一個入っててバリクソびびったよ。流石に優遇しすぎやぞ。

 

 

Edelweissも買おうか悩んだんですけどね〜

いやー今期はいい曲が多すぎる。

 

そういえばßの大文字って本当に求められてるんですかね。

特定上等

やっほー

次の記事は大作になるって宣言しておきながらうまくまとめられずに放置している子宮ゼリーベアだよ〜

 

なんと今日で、

 

前期のゼミが終了!

 

次回は9月だぜ〜

前期のうちにそれなりにテキストを進められました。このペースでいけば主定理の具体例も扱えそうですね。

 

え、皆さん夏休みとかないんすかwwwたいへんっすねwwwww

 

 

マジな話をするとゼミの度に「こういうことは一度やっておくといい」「ここは勉強しておくといい」と圧力をかけられているので、夏休みが一番忙しくなりそうです。

今年は何冊か連れて帰省することになりそうです。

 

では皆さんも、よいなつやすみを〜

キンプラ観た

劇場版KING OF PRISM -PRIDE the HERO-を観てきました。

 

皆さんにはずっと黙っていたのですが、僕は速水ヒロのファンです。そのため、予告の頃からずっと楽しみで、もうワクワクしながらチケットを取り、席に座りました。

 

そこには、天地創世の神話がありました。

キャラクターの成長、とてつもなく密度の高い濃厚なプリズムショー、求めていた輝きがそこにありました。

アレクのプリズムショーの辺りからもうずっと衝撃と感動で泣いていました。

 

卒研ゼミの疲れ(とくに昨日は6時間)が全て吹き飛びました。

目の疲れがなくなりました。

眠気も吹き飛びました。

世界一健康的なエナジードリンクです。

 

 

恐らく一人では受け止められないので、誰かと観ることをお勧めします。

 

 

 

無い証拠はつくる

アイカツスターズ!のフユコレに収録されている『キミをロックオン』は、クールタイプのドラマ曲である。アイカツの曲にはジャンルとタイプがあり、フユコレの曲のタイプは、S4のタイプと一致している。(ハルコレもそうである)フユコレはまさに、卒業していくS4のためのCDと言える。

 

さて、アイカツ楽曲の中でもライブなどはアニメで何回かステージがあるが、ドラマは一曲につき一回である。『キミをロックオン』もアニメの第40話で用いられている。

ドラマはDCD版とアニメ版でストーリーに多少の違いがある。『キミをロックオン』の場合は、
DCD版では二人の刑事が協力して怪盗を捕まえるも最後は逃げられる、というもの(歌詞をよく表していると思う)だが、
アニメ版では、刑事が犯人を捕まえるが、怪盗は別にいた、というものだ。
アイカツ!の時のドラマ(『ロンリー・グラヴィティ』など)や、アイカツスターズ!の他のドラマ(『Miracle Force Magic』、『トキメキララン☆』など)と比べて、DCDとアニメでストーリが違いすぎないだろうか?

 

アニメ版でのメインの配役は、
メインの刑事がツバサとあこ、犯人が有莉、怪盗がゆめとローラとリリィ。
この曲はタイプとジャンルから考えて、ツバサのためのもので、同じ劇組のあこ(その後S4となる)をメインの刑事に起用するのは妥当だ。
そして怪盗の三人。彼女たちはアイドルユニットとして登場するのだから、歌組の三人を起用するのも自然。

なんと、DCD版とアニメ版との決定的な違いである犯人役に、劇組でもS4でもない芦田有莉が起用されている!

これは何を意味しているのだろうか?

 

このドラマは配役と歌唱担当から考えても、ツバサのためのものである。そこに、ツバサとカップリングされることの多い芦田有莉が(半ば強引に)起用されている。
そう、これは主役である如月ツバサが脚本を捻じ曲げてまで決めた配役なのだ。

暇だった

困った時の感想記事。一作ずつ観てザッと書いたので、文がグチャッてます。

 

1、時計じかけの摩天楼

映画版一作目でモリアーティを使うという大胆な一手。それじゃあ黒の組織のボスはどうするんだよ。

コナン映画=爆発という方針を決めた記念すべき作品。全ての爆発の元凶。

いつもコナンを殴っている小五郎が、コナンを心配して新一にキレる。犯人が主人公の誕生日のために三分間だけ待ってあげる。などなど、劇場版らしい道徳的な部分が観られます。ちびっ子と一緒に観る親御さんもこれで安心。

動機は自身の汚点を消すため。道徳もクソもねえ。現実で例えると、過去の自分とカプ戦争を起こして黒歴史を抹消する腐女子の話。

今作いいキャラNo.1は、森谷帝二です。正直な話、映画版コナンで一番動機が理解できる。カップラーメン好きそう。

 

 

214番目の標的

テーマのアレンジがかっこよすぎる。

小五郎の過去系の話は全体的に好きです。一番好きなコナン映画かもしれない(サスペンダーが好きなだけ)

動機は復讐(仕事ができなくなったことと、仕事の誇りを穢されたこと) 酷い動機として挙げられることも多い有名なエピソードです。遅れてシラフで飲み会に行って一人ノれずにキレる感じ。この辺りで映画版コナンの動機は酷い、という路線が固まってきます。

今作いいキャラNo.1は、宍戸永明です。絶対飲み会の後の写真で最前で寝そべるタイプでしょ。

 

 

3、世紀末の魔術師

アドベンチャータイプのコナン映画です。アドベンチャータイプはだいたい犯人が金銭目当てなので僕は好きじゃないです。

灰原姐さんがかっこいい。夏美さんがかわいい。遠山和葉がかわいい。いい映画だ。

動機は財宝目当て+証拠隠滅+先祖を悪く言われたことに対する復讐。同担拒否+推しの悪口絶対殺すマン。クソどうでもいい理由で発砲するな。

今作いいキャラNo.1は、遠山和葉です。案内するだけでかわいい。

 

 

4、瞳の中の暗殺者

小さい頃、あれ~白鳥って劇場版で犯人じゃなかったっけ~って思ったら、顔が似てるだけだった。

田切警視長の何人も殺してそうな見た目好き。トロピカルランドが出たら神回。線路に落ちた時の対処法を教えてくれる教科書的作品。

動機は捜査妨害と口封じ。や、捜査妨害して目撃されてその口封じに~って、まあ無能の極みでしょ。目撃者を消すためにもっと目立ってどうすんの。

今作いいキャラNo.1は、鈴木園子です。これは京極さんも惚れますわあ。

 

 

5天国へのカウントダウン

とうとう映画にまで黒の組織の魔の手が伸びてしまった!高層ビル、爆発、車でジャンプのインパクトにより、知名度抜群な作品(まあまあ時計じかけの摩天楼とごっちゃになる)

ジン、普通に自分の唾液がついてるタバコその辺に捨てて大丈夫なんか。最初っからコルンみたいな有能狙撃手あてとけや(ジンも設定上は射撃が上手い)

動機は復讐(富士山が見えなくなったから) 酷い動機に見えるが、確かに犯人にとってはあの景色を壊されたことは、人生を否定されたことにも等しいよね。建築士を殺さないあたり、まあまあ冷静に殺人をしている。

今作いいキャラNo.1は、原佳明です。どう考えても組織に残ってる連中より有能なんだよなあ。

 

 

6、ベイカー街の亡霊

冒険要素と事件が絡み合った異色の作品。名探偵でもないし、コナンが解決するわけでもない。映画としては好きだけど、動機も諸々もアレすぎる。民間人を標的にしたテロ行為しといて感動の雰囲気を出すな。

動機は口封じ。や、先祖が犯罪者でも大して問題ないやろ(海賊の末裔を名乗る人に会ったことがある)

今作いいキャラNo.1は、工藤優作です。目で会話する親子、気持ち悪い。

 

 

7、迷宮の十字路

カーチェイス(バイク)、桜、刀、火、京都、人間の大好きな要素を詰め込んだパフェみたいな作品。全体的にシャレオツです。「村正やな!」「今はインターネットちゅう便利なもんもあるからな」などの名台詞を生んだ人気作。僕も大好きです。

パチ屋じゃないんだから小銭で固定すんな。

動機は金銭。そんだけ剣も弓も上手いなら、インターネットちゅう便利なもんで売却ルート確保するより、クラウドファンディングやった方が早かったのでは。(年代的に少し早い気もするが)

今作いいキャラNo.1は、遠山和葉です。生きてるだけで可愛い女。

 

 

8、銀翼の奇術師

今見るとこれまあショボい。そもそもキッドが好きじゃない。予告も完全に嘘。

動機は復讐。ネットに受験番号載っけて入学辞退された感じ。

今作いいキャラNo.1は、中森警部です。よくあれだけ大量のポリを動かせるな(しかも遠征)実は小田切警視長の次ぐらいに偉いんじゃないか?(『漆黒の追跡者』のパトカーの台数との比較により、松本管理官より偉いことがわかる)

 

 

9水平線上の陰謀

海というだけでもう僕の中では評価が上がります。名作です。

小五郎が活躍するのでとても満足です。しかし、あまりにも小五郎が活躍するので今作がコナン初めてという人はコナンという作品を勘違いしてしまうのではないでしょうか(リンクが主人公のゼルダの伝説みたいな)

動機は復讐。映画版コナンでは珍しくまともな動機。普通すぎてびっくりする。

今作いいキャラNo.1は、毛利小五郎です。さすがに濡れる。

 

 

10、探偵たちの鎮魂歌

ちょっと和葉ちゃん、私服がえっちすぎない?一瞬で名作になってしまった。

幼い頃、CMと映画で依頼人の声が違いすぎてびびった記憶がある。

謎としてはまあしょぼい部類に入る、と言いたいけど劇場版コナンまあ特に謎無いの多かったわ。

デレ原哀が見られます。

動機は……動機は?どれが事件でどれが犯人とすべきなんだ。

今作いいキャラNo.1は、白鳥任三郎です。まだ若いのに肝が据わってます。

 

 

11、紺碧の棺

あんま面白くない。

動機は財宝。宝を得てどうしたかったのかはわからないので、金銭目的とは言いきれない。

今作いいキャラNo.1は、毛利蘭です。戦闘民族すぎる。

 

 

12戦慄の楽譜

閉鎖空間で事件を起こすタイプでもないのに殺す人数がそれなりに多い。やり方もいちいち目立つ方法が多く、犯人の生命力と行動力、警察に対する侮りを感じる。身勝手すぎる理由とおまけ感覚の殺人、殺傷もベスト。子供向けアニメ映画に出してはいけないレベルの、スナック感覚で爆破と殺人を繰り返す真のソシオパスに感動。というか、計画がうまくいってたら最大の殺人鬼になっていたのでは。

動機は復讐。息子の復讐はおまけ感覚です。職に対するプライドや自分のこれまでの人生云々という意味では『14番目の標的』や『天国へのカウントダウン』に通じるものがあります。復讐の範囲が広い分、こっちの方が一枚上手ですね。

今作いいキャラNo.1は、秋庭怜子です。人間としてかっこよすぎる。CVもいい。

 

 

13、漆黒の追跡者

ま~た黒の組織かよ。せっかくの有能キャラが即退場してしまう悲しみ。いいかげんウォッカを消せ。

コナンがピスコを知っていた時のアイリッシュの反応好き。コナンをかばうところも好き。

ピスコも若い頃はアイリッシュみたいに武闘派で頭もキレたのかな。

動機は復讐。黒の組織がメインな感じありますが、普通に殺してる人数は多い。

今作いいキャラNo.1は、遠山和葉です。夏制服かわいい。

 

 

14天空の難破船

漆職人の減少を嘆いた制作チームが熟慮の末に辿り着いた作品。映画を観てるキッズ達を漆職人の道へ導く。未来の仏像職人も募集しているぞ!

困った時はとりあえず漆塗っとけばいい。

動機は金銭。あと漆の普及。

今作いいキャラNo.1は、遠山和葉です。僕も顔埋めたい。

 

 

15、沈黙の15

や、俺は好きだよこの映画。

動機は金銭と口封じ。

今作いいキャラNo.1は、立原冬美です。ママやんけって思ったらママだった。

 

 

1611人目のストライカー

アバンがシャレオツすぎる。

犯人の精神性がヤバすぎる。

動機は復讐(?) とにかく犯人の精神性がヤバいので復讐の矛先が良く分かりません。もう地球が憎いとか言ってくれた方がわかりやすい。

今作いいキャラNo.1は、野本博昭です。やっぱチョーなんだよな。

 

 

17、絶海の探偵

普段海保に頼りがちなコナンが、テコ入れとして海自をメインに扱った作品。あの国ってどの国なんですかねえ……

メインテーマの魚群探知機風アレンジがセクシー、エロい。

大滝はん、あの体勢で安定して撃つの、下半身と腕の筋肉ヤバそう。もしかして黒の組織か?

おっちゃんはこうなることを予測して名刺を作った……

動機もクソもない。事故死。

今作いいキャラNo.1は、遠山和葉です。むちゃくちゃエロい。

 

 

18、異次元の狙撃手

メインテーマの大胆なアレンジいいぞ~ FBIを出すことにより、映画版しか追ってない人に現状を上手く説明してくれる作品。かくいう僕も『シカゴから来た男』以降が曖昧。

異次元のアクションやめろ。

×歩美とかいう求められてないカプやめろ。時代は和葉×哀なんだよ。

動機は復讐。劇場版コナンにしては珍しく、まともな復讐。民間人を巻き込んだ分、減点です。

今作いいキャラNo.1は、世良真純です。ブラコン僕っ娘とのおねショタいいぞ~ 俺のちんこも角度のあるスナイプを達成できそう。

 

 

19、業火の向日葵

クソ。

棒っぽかったら犯人の法則出たな。

なんだかんだでコナンを心配して、真っ先に飛び込むおっちゃん好き。

主題歌がかっこよすぎる。一気に神作品になったな。

動機は劇場版コナンきってのクソ動機として有名です。自分が好きじゃないからというだけで、科学的な鑑定もガン無視します。クソメンヘラガイジ。気にくわない薄い本を即売会会場で焼き出す感じ。動機が酷い犯人は声優の上手さでカバーする(例.14番目の標的』)べきだと私は思うのですが、マジでこれはヤバいです。芸能人をあてるなら、せめて演技上手い人あてるべきなのでは。

今作いいキャラNo.1は、寺井黄之助です。良さみが深い。

 

 

20純黒の悪夢

映画版しか追いかけてない人にも、今の組織がどれだけFBIや公安でスカスカなのかを教えてくれる作品。

キュラソー組織では有名人っぽいのになんで灰原知らないの。

ジンは若い頃無能だったから、無能な人間(ウォッカ、キール)に優しく、そうでない人間の揚げ足を取るのには全力を出す、という説がある。

コルンの狙撃が上手すぎて笑う。実はこいつも赤井なんじゃないか。

普通に泣いちゃうけど、あまりにもキュラソー中心過ぎて蘭が空気になってしまうのは劇場版コナンとしてはヤバい。

今作いいキャラNo.1は、コルンです。スナイパー特有の目聡さ。

 

 

21から紅の恋歌

劇場版名探偵服部。

大岡紅葉乳でっか。劇場のでかいスクリーンが大岡紅葉の乳で占領される様は圧巻。

いや~流石に今回の和葉可愛すぎませんか?(いつも言ってる)

京都、紅葉、滝、爆弾、日本人の好きなものが詰まった名作。

動機は証拠隠滅と口封じ。まあ大胆。

今作いいキャラNo.1は、遠山和葉です。カルタをしているだけで可愛い女。

 

 

 ※注意※

 

この記事は劇場版名探偵コナンのネタバレを含んでいます。

和葉とコナンで薄い本を書くとおねショタとダブルNTRが達成されるので強い

こんばんは~

ゼミで心を壊されている子宮ゼリーベアだよ~

 

最近は水曜日に院試ゼミをやっています。特に何かについて深まっていくのを感じないので、あまり面白くないです。#1日一条3日で三条るいせ ばかりが深まっていきます。

院試ゼミは本番を意識して9:30からのスタートなのですが、本日は寝坊して10時ごろに来て、一問解いて映画を見るために抜ける、というクズムーブをしました。重ねて言うと、幾何専攻がいなかったのに午後の幾何の問題を解くアスペプレイをぶちかましてやりました。

 

映画館に着くと上映開始5分前ぐらいで、(まあどうせ予告からなのですが)焦りながら券を買いました。前から観たいと思っていた「から紅の恋歌」です。

さて、皆さんはご存知かも知れませんが、僕は少しわがままで口うるさくて気が強い女の子(ヒスるのとは違うよ。全然違うよ)が好きです。なので、和葉は割とタイプに近いです。こういったことを考慮した上で、以下の感想をお読みください。

 

 

!注意!

この記事は「劇場版名探偵コナン から紅の恋歌」のネタバレを含みます

 

 

では、感想を書いていきます。結局困った時の感想記事です。

 

和葉が可愛い

紅葉乳でかい

和葉が可愛い

 

本当にびっくりするぐらい大岡紅葉の乳がでかいです。顔はあまり好みじゃないですが、流石にあの大岡お乳を大胸揉みみしたくなりました。割と紅葉と服部がメインな感じになるのかなあ、と思いましたが特にそういうわけではなく、登場頻度は普通にコナンと服部と綾小路と大滝はんが高かったのでは?しかし乳がでかいので登場した時の画面占有率は高くなります。いやにしても乳がでかい。首から下は好きになった。

 

アバンというかなんというか、最近の劇場版コナン(まあ最近のあまり観ていませんが)って導入の演出がめちゃくちゃしつこいですよね。そういうのいいからもっと和葉を映してほしい。

序盤から爆発を押してくるのはいいですね。やはり劇場版は無意味に爆破しないと。その点、11人目のストライカーは最高でしたね。爆破以外はカスでしたけど。あと、いきなりまあまあ綺麗な撲殺から始まったので、ポイント高いですねえ。爆破メインだと殺しのシーンが疎かになってしまうことがありますが、そこをちゃんと綺麗に映したのは、素晴らしいです。推理ものはちゃんと殺さないと。

ま~動機は十分理解できる方ですかね。和葉巻き込むのはヤバいでしょとは思いますが、戦慄の楽譜のおまけ感覚で敵討ちするのに比べれば人間的です。

恋歌感は全体的に薄いです。

 

 

さて、和葉がめちゃくちゃ可愛いです。言葉で表現できません。観てください。僕はずっとにやつきながら観ていました。カルタをしているだけで可愛い女。私服姿も道着姿も可愛い。

 

みんなも映画館で、めちゃくちゃ可愛い和葉を観よう!

 

 

(あ、あと今月号の数理科学は微分幾何ですよ)

特定上等

よう、文系の講師のエゴサに引っかかってビビり散らかしたから、1Qの間はMの人を裏切ってセミナー途中抜けからの文系キメることにした子宮ゼリーベアだ。今日は謎多い数学科B4の卒研システムを紹介して、初回の感想を言っていくぜ。


数学科は卒論がない!というか多くの場合B4の知識では書けない(頑張ってちゃんと論文を書くやべー奴もいる)

ので、修士論文を書くだけの知識を得るためにB4とM1ではテキストを決めてそれを読み進めていく。だいたい週一で発表が求められる。まあ俺はB4一人だから関係ないぜ。

なんと本を読んで発表するだけで卒研が終わっちゃうぜ。在学中も卒業後も暇な学科とはよく言ったもんだぜ。


ただし、指導教員によっては一回の発表にめちゃくちゃ準備を要求してきたりするから注意が必要なんだぜ。


次は初回ゼミの感想だぜ。

めっちゃ詰まったけど炎上には至らず、テキストを10ページ分進めることができたぜ。このペースでいけばちゃんとテキストが終わるんだぜ。

でもここで問題が生じる。テキストが決まってる分、「ヤバいところ」「今の自分では絶対に埋められないところ」が早い段階から見えてしまうんだぜ。死刑執行日が決まってるのはそれはそれで怖いぜ。

計画性、知識、緻密さ、好奇心が要求されるぜ。まあ最悪頭下げれば何とかなるから結局は他学科に比べれれば楽だぜ。


以上だ。